建築用語.net
建築


建築用語

視線の計画
よみ:しせんのけいかく
50音別:
種類別:インテリアコーディネーター
インテリアの空間を設計、計画するうえで、あらかじめそこでの人間の視覚の動きや視線の動きを予測し、操作・コントロールするような開口部、インテリアエレメントの位置や形、色彩について検討すること。これは外部への眺望、開口部の開放感などを含めて、人間の視野の範囲や視点位置、視点高(アイベルト)あるいは、焦点(フォーカスポイント)、アイコリドール(視線の動き)などの点で、見え方から空間の演出性を考慮することである。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※