建築用語.net
建築


建築用語

赤外線反射膜ハロゲンランプ
よみ:せきがいせんはんしゃまくはろげんらんぷ
50音別:
種類別:インテリアコーディネーター
赤外線反射膜をガラス球内面に塗布したハロゲンランプ。フィラメントから放射される光と熱のうち、熱エネルギーを反射膜によってフィラメントに戻し、再び光と熱にする。従って、一般のハロゲンランプ効率が高く、熱線の約40%がカットされている。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※