建築用語.net
建築


建築用語

不等角投影法
よみ:ふとうかくとうえいほう
50音別:
種類別:インテリアコーディネーター
それぞれ異なった角度で対処物の一面を基線に対して投影してこれらを対象物の奥行、高さの方向、間口ととらえて表現する手法のこと。「トリメトリック」ともいう。筆や物が落ちないようにするために違い棚や文机などの縁に取り付けるもののこと。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※