建築用語.net
建築


建築用語

エレベーター工事
よみ:えれべーたーこうじ
50音別:
種類別:福祉住環境コーディネーター
エレベーターシャフト(昇降路)の空洞部は、通常防火区画とし、耐火構造の壁と防火戸で区画する。エレベーター機械室は1.5〜2階分の高さで、エレベーターシャフトの水平投影面積の2倍以上の大きさを要し、エレベーターシャフトの直上部に設ける。また、換気設備もしくは換気が有効な開口部及び、施錠可能な鋼製の出入り口を設置する。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@shikakukentei.jp ※当サイトはリンクフリーです※