建築用語.net
建築


建築用語

遠近法
よみ:えんきんほう
50音別:
種類別:福祉住環境コーディネーター
遠くのものほど小さく短く描くことで、距離感を紙の上で二次元で描き表現する方法。イメージを立体図で再現できるため、住宅改修をおこなう際などで依頼者との完成状態のイメージ確認に使用される。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@shikakukentei.jp ※当サイトはリンクフリーです※