建築用語.net
建築


建築用語

カルシウム
よみ:かるしうむ
50音別:
種類別:福祉住環境コーディネーター
ミネラルのひとつで、その働きには骨や歯の形成、神経細胞管の情報伝達、筋肉の収縮と弛緩の制御、血液凝固、免疫作用のホルモン分泌調整などがある。骨や歯に存在するカルシウムを「貯蔵カルシウム」といい、体内のカルシウム全体の99%を占める。残り1%のカルシウムは血液、筋肉、神経等に存在し「機能カルシウム」という。カルシウムの不足により、骨粗しょう症となり脊椎圧迫骨折を引き起こしやすい。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@shikakukentei.jp ※当サイトはリンクフリーです※