建築用語.net
建築


建築用語

等角投影法
よみ:とうかくとうえいほう
50音別:
種類別:空間デザイン
1つの図で対象の3面を同じ程度に表すことの出来る手法である。対象物の一面を基線に対してそれぞれ30度傾けて表すもので、寸法の比率は、a:b:c:=1:1:1となり、一般説明図面に使用される。「アイソメトリック」ともいう。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※