建築用語.net
建築


建築用語

透視図法
よみ:とうしずほう
50音別:
種類別:空間デザイン
平面上で物体と人間の視線とを結ぶ放射線を、投影面に交差させながら、その支点の軌跡により立体を図学的な手法で表現する技法である。「パース」または、「パースペクティブ」ともいう。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※