建築用語.net
建築


建築用語

定朝
よみ:じょうちょう
50音別:
種類別:文化財
平安中期の仏師。様式は定朝様または和様とよばれ、長く日本の仏像彫刻の規範とされた。寄木造りの技法を大成、天喜元年(1053)作の平等院鳳凰堂阿弥陀如来像が残る。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※