建築用語.net
建築


建築用語

師楽式土器
よみ:しらくしきどき
50音別:
種類別:文化財
主に瀬戸内海の沿岸部を中心に分布する土器。鉢形の薄手粗製土器で、弥生時代から平安時代にかけての製塩用の海水を煮つめる用具。岡山県南東部、牛窓町師楽にちなむ命名。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※