建築用語.net
建築


建築用語

山水屏風
よみ:せんずいびょうぶ
50音別:
種類別:文化財
山水を主題に描いた屏風。平安時代には宮中などで用いられたが、鎌倉時代以降、密教の灌頂儀式の調度に転用されるようになり、霊地の風景を描いたものも作られた。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※