建築用語.net
建築


建築用語

薙刀
よみ:なぎなた
50音別:
種類別:文化財
長い柄の先に反り返った長い刃をつけた、なぎ払うことを目的とした武器。鎌倉〜室町末期まで多く用いられた。戦国時代以後、槍が多く用いられるようになり、江戸時代には主に婦人の武具とされた。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※