建築用語.net
建築


建築用語

輪鐙
よみ:わあぶみ
50音別:
種類別:文化財
先端の壺状になった部分に足先を入れる鐙。踵をかける部分は無い。古墳時代から平安時代まで行われたが、平安後期、舌長鐙が現れてから衰退。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※