建築用語.net
建築


建築用語

切子玉
よみ:きりこだま
50音別:
種類別:文化財
古墳時代から奈良時代にかけて、装身具に用いられた玉。長さ2〜3cmの細長いそろばん玉のような形の多面体で、水晶製が多い。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※