建築用語.net
建築


建築用語

結跏趺坐
よみ:けっかふざ
50音別:
種類別:文化財
「跏」は足の裏、「趺」は足の甲の意。坐法の一つで、両足の甲をそれぞれ反対のももの上にのせて押さえる形の座り方。先に右足を曲げて左足をのせる降魔坐と、その逆の吉祥坐の2種がある。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※