建築用語.net
建築


建築用語

幸阿弥派
よみ:こうあみは
50音別:
種類別:文化財
室町時代以来の御用蒔絵師の流派。初代土岐四郎左衛門道長は足利義政の近習となり、入道して幸阿弥を名のる。以後、子孫はそれを家名とし19代まで続いた。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※