建築用語.net
建築


建築用語

地中連続壁工法
よみ:ちちゅうれんぞくへきこうほう
50音別:
種類別:建築現場
山止(留)め壁工法。「地下連続壁」「連続地中壁」「連壁」ともいい、敷地周辺の土を安定液で固めて壁厚に相当する部分を溝形に掘り、鉄筋コンクリートの壁を連続してつくる。施工の振動や騒音が少・止水が可能・周辺地盤の影響が少ない。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※