建築用語.net
建築


建築用語

角地
よみ:かどち
50音別:
種類別:不動産・宅建
土地の形態上の区分の一種で、一般的には街区の角にある正面および一方の側面が道路に接する画地をいう。二系統の道路に接するため、特に宅地では多くの場合、日照や通風等の快適性や出入りの便利さ等、利便性の面で相対的に優れている。防災面でも優れると認められる場合には、建築基準法上も建ぺい率の緩和規定が設けられている。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※