建築用語.net
建築


建築用語

監視区域
よみ:かんしくいき
50音別:
種類別:不動産・宅建
土地取引が規制される区域の一種で、国土利用計画法により都道府県知事が指定する。地価が相当な程度を越えて上昇または上昇する恐れがあると認められる区域のこと。この指定を受けると、一定面積以上の土地取引を行う場合、事前に都道府県知事に予定対価や利用目的等を届けなければならない。届出対象面積については、都道府県等の規制で国土利用計画法で定められた面積より引き下げることができる。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※