建築用語.net
建築


建築用語

建設仮勘定
よみ:けんせつかりかんじょう
50音別:
種類別:不動産・宅建
営業用に使うための建物、建物附属設備、構築物、機械装置などの有形固定資産を建設する場合に支出した金銭およびその建設に当てた材料や貯蔵品の額を、完成までのあいだ一時的に処理しておくための勘定をいう。他者に建設を依頼した場合には前渡金も入る他、自分で建設する際に支出した材料費、労務費、経費などもすべて含まれる。建設の目的物が完成し稼動し始めた時点で、この仮勘定から当該固定資産勘定に振り替えられる。従って、仮勘定の段階では減価償却は行われない。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※