建築用語.net
建築


建築用語

固定資産の交換の場合の課税
よみ:こていしさんのこうかんのばあいのかぜい
50音別:
種類別:不動産・宅建
課税の繰延べ方法の一種。1年以上保有していた土地等の一定の資産を同種の資産(相手方が1年以上保有しかつ交換のために取得したものでない資産)と交換して、双方資産の価額の差がどちらか多い価額の20%以下の場合、取得価額の引継ぎ(圧縮記帳)が認められ、交換に伴って受け取った交換差金等についてのみ課税される制度。交換後の資産は、交換前と同一用途に使用しなければならない。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※