建築用語.net
建築


建築用語

固定資産の売却益・評価益
よみ:こていしさんのばいきゃくえき・ひょうかえき
50音別:
種類別:不動産・宅建
資産会計の項目の一種。売却益は、固定資産を売却した時に生じる利益で、資本利得ともいう。一方、評価益は秤価替をした場合に生じる利益のこと。固定資産は企業がその活動のために長期間使用することが目的で、売却することが目的ではないので、売却に伴う損益は臨時に生じる。さらに、売却益には、過年度の減価償却の過大や過小に基づく損益、つまり過年度損益修正部分を含むので、特別損益の部に計上される。取得原価主義を基本とする現代の会計では、固定資産の評価益は未実現利益の排除という点からも原則として認められていないが、より実態に近い決算を求める投資家やアメリカからの要望を踏まえて、時価主義を採用する企業が増えている。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※