建築用語.net
建築


建築用語

裁定取引
よみ:さいていとりひき
50音別:
種類別:不動産・宅建
先物価格と現物価格との差が一定水準以上又は一定水準以下になった場合に、機械的に現物株式と先物のうち割高な方を売り、割安な方を買い、後日両者の関係が正常に戻った時点で両方の取引について反対売買を行うことで利益を得ようとする手法のこと。裁定取引では、100銘柄以上の株式が同時に売られたり買われたりするため、現物株の値動きに大きな影響を与える。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※