建築用語.net
建築


建築用語

最有効使用
よみ:さいゆうこうしよう
50音別:
種類別:不動産・宅建
鑑定評価書に必ず記載すべき事項の一種で、客観的にみて良識があり通常の使用能力を持つ人が合理的かつ合法的に最善の使用をすること。土地は不動産の中でも不動性や個別性といった物理的特性を持っているが、用途には逆に多様性を持つ。ある土地に対して多くの需要がある場合、一般的には同じ様な土地が少ないため、最大の利潤を上げる可能性のある需要者が提示する最高価格がその土地の価格になる傾向がある。つまり、不動産の価格はその不動産の持つ可能性が最高に発揮されるような使用方法を前提として成立しているということができる。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※