建築用語.net
建築


建築用語

更地
よみ:さらち
50音別:
種類別:不動産・宅建
鑑定評価に関連した不動産類型のうちの宅地分類の一種で、宅地上に建物等の定着物がなく、かつ借地権等その土地の使用や収益を制約する権利が付着していない土地のこと。鑑定評価に当たっては、その土地の最有効使用を前提として、更地並びに自用の建物およびその敷地の取引事例に基づく比準価格と土地残余法に基づく収益価格を関連付けて、鑑定評価額を決定するが、埋立地や造成地で再調達原価が把握できるときは積算価格をも関連付ける。さらに、その更地の面積が大きい場合等には、開発法による価格をも比較して考慮する。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※