建築用語.net
建築


建築用語

暫定容積率
よみ:ざんていようせきりつ
50音別:
種類別:不動産・宅建
容積率の一種。地区計画を活用する場合は、一般的な活用と特例的な活用の二種類がある。特例的な活用の中には容積誘導型と呼ばれる活用タイプがある。このタイプを採用する地域では、現状の容積率が低く土地の有効利用が図られていない。道路等の公共施設を整備して有効利用を図っていくために、目標となるのが目標容積率で、それに至る過程の目標として暫定的に設定するのが暫定容積率である。暫定容積率は、公共施設の整備進捗状況などに応じて、逐次改訂される。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※