建築用語.net
建築


建築用語

CFT構造
よみ:しーえふてぃーこうぞう
50音別:
種類別:不動産・宅建
建物の構造形式の一種で、コンクリート充填鋼管柱構造のこと。断面が角形または円形の鋼管に高強度コンクリートを充填した柱に、鉄骨の梁を組み合わせた構造をしている。工期の短縮と施工性に優れており、鋼管と充填コンクリートの相乗効果により、耐力(強度)だけでなく変形性能にも優れているので、小さな柱断面でより高い階高やより長い柱間隔の建築物が可能である。そのため、より有効面積を広げた大きな無柱空間が確保出来て、空間の自由度が高まるため、より一層高層建築に向いた構造ということができる。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※