建築用語.net
建築


建築用語

償還基金率
よみ:しょうかんききんりつ
50音別:
種類別:不動産・宅建
複利計算式の値の一種。将来時点(n年後の年末)に1円を得るために、各年末に積み立てるべき金額を求める百分率。積立てる資金を銀行等に預ければ年々の利子(r)が付く。その利子がn年末まで積み立てられるため、毎年の積立金は単純な1/nの額より少なくてすむ。計算式で示すと r/(1+r)n−1 となる。不動産鑑定評価では、建築物等の資産の償却金額を求めるために使用される。耐用年数nの建物の取得価額をn年後の期末に再取得するためには、年利率rで毎年末に複利で積み立てる額を償却額とする方法である。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※