建築用語.net
建築


建築用語

人工集中地区
よみ:じんこうしゅうちゅうちく
50音別:
種類別:不動産・宅建
国勢調査で用いられる地域区分の一種。国勢調査の国勢調査区単位の人口を元にした夜間人口の密度が高い地域のこと。次の条件を全て満たす地区が人口集中地区と呼ばれる。(1)各調査年の国勢調査地区を基礎単位地域として用いている。(2)市区町村の境界内で人口密度の高い調査区(原則として人口密度が1平方キロメートル当たり約4、000人以上)が隣接している。(3)その地区の人口が5、000人以上。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※