建築用語.net
建築


建築用語

直接還元法
よみ:ちょくせつかんげんほう
50音別:
種類別:不動産・宅建
収益還元法を用いて収益価格を求める方法の一種。まず、還元対象となる一定期間あたりの純収益を求め、そお純収益に応じた還元利回りで当該純収益を還元し、対象となる不動産の収益価格を求める方法。収益価格は、対象となる不動産が将来にわたって産出するであろうと期待される純収益の現価の総和になる。年々の純収益を標準にするか初年度にするかに従って、純収益の将来の変動や危険性を還元利回りで調整して求める。この方法は純収益の持続期間を長期としている永久還元を前提としている場合が多くある。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※