建築用語.net
建築


建築用語

土地収穫逓減の法則
よみ:とちしゅうかくていげんのほうそく
50音別:
種類別:不動産・宅建
地代の成立に関する考え方の一種。一定の土地から得られる収穫は、その土地に投下される労働や資本の量が増えるに従って増えるが、投下総量が一定限度を超えると、労働や資本の増加分1単位がもたらす収穫の増加分は、次第に減少するという法則。この法則は地代成立の論拠の一つとなっている。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※