建築用語.net
建築


建築用語

法定地上権
よみ:ほうていちじょうけん
50音別:
種類別:不動産・宅建
不動産の競売が行われた場合に、法律によって設定されたとみなされる地上権のこと。地上権は本来契約によって設定されるが、その例外である。同一所有者に属する土地、またはその上にある建物の一方について抵当権が設定され、それが実行された場合には、建物はその存立根拠を失ってしまうので、建物のために地上権が設定されたものとみなされるもの(民法388条)。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※