建築用語.net
建築


建築用語

リアル・オプション
よみ:りある・おぷしょん
50音別:
種類別:不動産・宅建
金融理論の一種。実物資産やプロジェクトの評価に金融工学のオプション理論を応用した手法。不確実性の高い事業環境下での投資のための経営者の持つ選択肢とその価値を意味する。実物オプションとも呼ばれる。リアル・オプションでは、ある特定の価格で資産を取得したり交換したりするための義務を伴わない。リアル・オプションの実例は、投資の延期、事業の拡張、契約、施設の廃棄、あるいは利用方法の転換のための決定や権利である。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※