建築用語.net
建築


建築用語

ロータリエンジン
よみ:ろーたりえんじん
50音別:
種類別:機械
ドイツのFelix wankel氏とNSU自動車会社の共同で開発された。1960年ごろに自動車用として使用された。日本でも東洋工業株式会社がNSU社と技術提携して実用化し、東洋工業社の種々の自動車の機関として使用されている。構造は、往復機関のピストン、シリンダ、シリンダヘッド連接棒、クランク軸などがあり、ロータリ機関ではロータ、ハウジング、サイドハウジングやエキセントリックシャフトが相当する。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※