建築用語.net
建築


建築用語

アースアンカー工法
よみ:あーすあんかーこうほう
50音別:
種類別:大工
自立工法において、矢板や親杭が土圧で安定を欠く恐れがある時、地盤にドリルなどで孔をあけて鋼棒を挿入し、その先端をセメントで固定した後、表面から鋼棒を引っ張ってアンカーとし、矢板や親杭の崩壊を防ぐ工法のこと。別名タイバック工法。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※