建築用語.net
建築


建築用語

朝顔
よみ:あさがお
50音別:
種類別:大工
工事中の落下を防ぐために、出入り口の上などにはね出して設ける養生設備のこと。朝顔は、足場の高さが10m以上では1段以上、20m以上では2段以上で、突き出す長さは骨組(足場)から水平距離で2m以上、下部の斜材角度は20度以上とされている。又、敷板は、1.5cm以上のひき材を隙間なく張るあるいは、1.2mm程度の波型鉄板を用いる。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※