建築用語.net
建築


建築用語

歯振
よみ:あさり
50音別:
種類別:大工
鋸歯の先端を左右に傾斜させ、鋸の本身と末身とが同じ幅の挽き口になるように、鋸身の厚さより少し広い挽き目を作り、さまざまな抵抗を取り除くようにする。これを鋸歯の歯振(振歯)という。歯振が不正確な場合は挽き曲がりが生じ、歯振不足だと、摩擦が多く切れも悪くなり鋸身を傷める。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※