建築用語.net
建築


建築用語

薄鑿
よみ:うすのみ
50音別:
種類別:大工
又の名を押突鑿、仕上鑿、格子鑿などという。柄、穂先、首も長く作られている。穂先は薄い扁平で厚さ8厘〜1分5厘(約2.4〜4.5mm)くらいである。柄には冠がないのが普通。連子(れんじ)格子など小穴や通穴の側面や鉋台の押さえを突いて削るのに便利である。穂幅は1分〜1寸2分(約3m〜3.6cm)まであり。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※