建築用語.net
建築


建築用語

溝卦引
よみ:みぞけひき
50音別:
種類別:大工
四角な断面の棹の先端部に、甲平の綱を両刃に研いだ特殊な罫引刃を植えたものである。この罫引は、用材小端に平行して決った溝(小穴)を引っかいて掘るのに使われる。幅の溝と底の深さが同時に決るので便利である。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※