建築用語.net
建築


建築用語

向う待ち鑿
よみ:むこうまちのみ
50音別:
種類別:大工
穴鑿とも呼ぶ。一種の叩き鑿である。穂先の厚みは厚く、刃幅は5厘〜6分(約1.5mm〜1.8cm)のものが多く、長方形の断面である。穂先と首の幅の差がなく、頑丈に作られていて、特に穴掘りするときに穂先の小端と裏刃の角で穴の側面を削り取って仕上げていくので、きわめて鋭利な角となっている。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※