建築用語.net
建築


建築用語

屋久杉
よみ:やくすぎ
50音別:
種類別:大工
樹齢1000年以上の巨大な老木がみられる鹿児島県屋久島の杉である。1000年以下のものは「小杉」として区別されるほどで、日本有史以前からの老樹が多く、「縄文杉=樹齢7200年、樹高30m、根回り28m、胸高直径5m」のものや、根回り32m、樹齢3000年とされる「ウイルソン株」、根回り41.7mの「大王杉」など、多雨高温による巨木がみることができる。根株材の銘木である。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※