建築用語.net
建築


建築用語

裏(鉋)
よみ:うら(かんな)
50音別:
種類別:大工
刃の付け鋼の部分のことをいう。裏は凹型にすいてある。切れ刃の先端は1分(約3mm)くらいの幅でつながっている。研いで使っていくと糸1本分(糸裏)の幅となる。その時が一番鉋は良く削れる。裏がなくなったときは、地金をこつこつと叩いて、鋼ごと曲げ、押出し裏押しをする。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※