建築用語.net
建築


建築用語

裏丸鑿
よみ:うらまるのみ
50音別:
種類別:大工
丸鑿には、薄鑿、厚鑿の2種類ある。いずれも穂先の断面は裏側が円弧状で、刃先は丸く曲線状になっている。木鼻凹曲線部や数寄屋造りの丸太物の曲面を造りだすのに使う。穂幅も2分〜2寸(約6mm〜3cm)の種類がある。裏丸鑿は内側を研ぎ刃を付ける。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※