建築用語.net
建築


建築用語

大入鑿
よみ:おおいれのみ
50音別:
種類別:大工
叩き鑿の一種で建前後の造作仕事に必要な鑿のこと。大入、追入、尾入、押入鑿などの文字を当てている。落し掛、鴨居、敷居、床框、天井仕事の大入れの仕口を作るのに多く使っていることからこの名前がある。普通に使われている大入鑿は穂幅1分〜1寸4分(約3mm〜4.2cm)くらいまである。なお、穂先を短く作ったものを奴鑿(やっこのみ)という。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※