建築用語.net
建築


建築用語

各種面取り鉋
よみ:かくしゅめんとりかんな
50音別:
種類別:大工
用材の板材や角材に飾りを加えるなどの目的のために各種の刳型(くりがた)を削る鉋のこと。すなわち、面取りをするのに使う鉋のこと。さまざまな面を取るので種類も多い。台の下端を必要な面に合わせ作る。面取りは一定部分を繰り返し正確に削る必要がある。そのため各種の定規を使う。可動式(面の大小に合わせ調節)、固定式、及び必要な時に取り付けて使うものの3種類ある。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※