建築用語.net
建築


建築用語

京木
よみ:きょうぎ
50音別:
種類別:大工
長さ4m24cm×12cm(14尺×4寸角)の材で「京角」ともいわれ、江戸時代まで京都地方で使われた標準材。二つ割を敷居、鴨居に、四つ割りは垂木、六つ割りは敷居、付け鴨居、八つ割りを木舞、野縁に、十二割を腰板の胴縁、天井桟敷などに使われた。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※