建築用語.net
建築


建築用語

組手決り鉋
よみ:くでじゃくりかんな
50音別:
種類別:大工
決り鉋の一種で、多くは建具制作に使われる。たくさんの組子を端金(はたがね)締めつけ、同時に組手を簡単に決り取ることができる。機械決り鉋を応用したもの。刃幅は1〜3分(約3〜9.1mm)が一般的。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※