建築用語.net
建築


建築用語

甲表[鑿]
よみ:こうおもて
50音別:
種類別:大工
背中ともいい、刃裏の反対側の地金の部分をいう。叩き鑿でも八分(約2.4cm)鑿以上のものや大入鑿では、表幅の両端を斜めに鎬(しのぎ)に面を取って、小端を薄くしてあり、木材に打ち込んだとき刃先が、よくくい込んで仕上る。叩き鑿は穴を掘るとき甲表が梃子(てこ)の役目となる。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※