建築用語.net
建築


建築用語

鏝鑿
よみ:こてのみ
50音別:
種類別:大工
鏝形の穂先をもつ仕上鑿の一種で、穂の甲表は鎬(しのぎ)が付いている。首、柄とも長く、柄には冠がない。決(しゃくり)鉋が使えない突止めの部分の底や蟻溝の底などをさらうのに便利なもの。両鏝鑿という顎(あご)の方にも同じような切刃を持ち手前へ引く場合にも削れるようになったものもあり、穂幅は2分〜1寸(約6.1mm〜3cm)くらいまである。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※