建築用語.net
建築


建築用語

込み(茎)
よみ:こみ(なかご)
50音別:
種類別:大工
鑿で刃物の部分と、手に握って使う柄とを接続するために、込みを柄に穴を掘って入れ込むが、込みと柄との間に隙間があると玄能の打力がそのまま刃先に伝わらない。使っている最中、穂が曲がったり緩んだりしないようにピッタリと納める。込みを入れる際にいくらか鑿の刃を前かがみに仕込むことが大切である。

関連ある用語

Copyright © 2007 建築用語.net All Rights Reserved. by info@architectjiten.net ※当サイトはリンクフリーです※